本文へ移動

生産技術部 係長 新居 健太郎

生産技術部 係長  新居 健太郎
【生産技術部】 係長 新居 健太郎
2007年度入社
日本経済大学 経済学部 貿易学科卒業
生産技術部 新居 健太郎
大紀商事を選んだ理由
就職活動でたくさんの会社を見ていく中、社長自ら面接してくれたのは大紀商事がはじめてでした。今後の展望について語る社長のお話を聞き、魅力を感じて入社を決めました。
 
生産技術部への配属
入社当初は製造部に配属され、機械のオペレーションをしていました。 現在は生産技術部で品質の良い製品を安定生産できる設備を目指し、生産設備の改善/保全、新設備の設計等を行っています。
 
現在の生産技術部に配属された理由は、学生時代にヨット部を全日本1位に導いた技術を買われたからかもしれません。昔から創意工夫することが好きだった事が大きく影響していると思います。 
生産技術部 新居 健太郎
結果が目にみえる達成感
私の仕事は、生産設備の管理です。常に良い製品を作る為には設備のメンテナンスは不可欠ですし、より品質を上げたり、新しい製品を作る為には設備の改良も必要です。経験のない事への取り組など難題も多く苦労はしますが、がんばれば結果が必ず見えるので、とても達成感があります。
心に残っているのは、とある設備の安全対策工事をした時の事です。工事場所の条件がきびしく検討に苦労しました。しかし皆でアイディアを出し合いなんとか完成し、オペレーターが安全に作業をしている姿を見て、苦労をしたかいがあったと思いました。
 
 
大切にしている事
設備の改造やメンテナンスを行う場合、機械メーカーの技術担当者と打合せする事がよくありますが、私もまだまだ知識、経験が少ない為苦労します。しかし話している中で経験を積む事が出来るし、何気ない会話の中で自分の疑問が解消出来たりします。人と話す事はとても大切だと感じ、何でも話せる信頼関係づくりを大切にしています。
 
 
生産技術部 新居 健太郎
理想の機械設備をつくる
今の仕事では工学知識はもちろんの事、製品に関する化学的、専門的な知識が必要です。協力会社にもさまざまな専門分野があり、技術者と対等に話が出来るように、日々勉強を積み重ねて知識を深めていきたいと思っています。現在の機械設備の生産性を向上させ、安定的に稼動させるのが今の目標です。
 
 
 
これから社会へ出る皆さんへ
職場は生き物です。生産技術部に限らず、それぞれの職場では日々分からないこと、これまでやったことがないことが発生します。私はそのような疑問を上司や仲間に相談し、その都度解決するようにしています。私達の職場には、相談しやすい雰囲気があり、相談して問題を解決すればそれだけ評価してもらえます。
 
文系・理系問わず、ガッツのある仲間が増える事を心待ちにしています。
大紀商事株式会社 大阪本社
TOPへ戻る